ジャパンオートの特長
物損事故において示談が長期化するケースとは…
上記以外にも様々なケースが想定されますが、基本的には請求側(相手方=被害者)と支払い側(損保会社)の金額にずれが生じた場合には双方の見解がかみ合わず示談が長期化します。
これらに当社のAQSSは役立ちます
AQSSによりジャパンオートはなぜ事故現状車が高く買えるのか?
ジャパンオートでは購入した事故現状車を処理するための様々な販売ルート・販売方法を持っています。こうしたリサイクルシステムの確立が事故現状車を高値で購入できる理由となっています。
 
 
AQSS:物損事故示談早期解決システムとは…
請求側(相手方)と支払い側(損保会社)に生じた金額の差を物損車両の買取金額(ジャパンオートにて購入)により埋め合わせて、両者の差をなくし、示談を早期化するシステムです。
損害車両の価値を常に包括して考える事により、両者の金額の差を解消します。
ジャパンオートにて残存車両を20万円で買い取り
請求側の希望通りの受け取り金額となり
示談が解決!!
AQSSの実務フロー
株式会社ジャパンオート
〒501-6330
岐阜県羽島市堀津町字本田545-1
TEL:058-398-7152
FAX:058-398-7153
------------------------------------
・事故車買取
・中古車卸
・板金塗装修理
------------------------------------
0
4
3
7
1
3